映像制作業界の求人の応募方法

映像の制作を行う会社やスタジオのことを一般的にポストプロダクションと呼びますが、各ポストプロダクションでは自社のホームページや求人サイトなどを通して人材の募集をしています。
日本各地には大小様々なポストプロダクションが存在し、それぞれの得意とする業務内容は異なります。
テレビ番組やCMの制作を得意とする会社もあれば、企業の社内に向けた動画や個人的なドキュメンタリー動画の制作を得意とする場合もあります。

映像制作会社の求人に応募し、就職するための最も合理的な方法は専門学校を卒業することです。
テレビ局や映画会社などで多くの専門学校出身者が映像編集者として働いています。
動画制作には3つの段階があり映像制作会社やスタジオだけでなく、最終段階である編集・加工から作品の公開までを行う工程も一般的にポストプロダクションと呼ばれます。
専門学校ではポストプロダクションに必要とされる高度な技術と知識を学ぶことができ、映像音響処理技術者の資格を取得することも可能です。
この資格は動画の編集や音声の処理などポストプロダクションが求める基本的な能力があることを証明します。
さらに専門学校と提携する企業でアルバイトとして働き実務経験を積むことができる場合もあり、効率的に実力を養成することが可能です。

一方でポストプロダクションが募集するアルバイトの求人に応募するという方法も存在します。
一定期間アルバイトとして働き能力を磨くことで正社員に登用されることがあります。