映像制作にかかる費用について

映像制作は、結婚式の披露宴や会社の説明などにおいて使用されます。また、企業団体の広告についても広く使われています。

映像制作の費用については、クライアントの希望する映像次第で大きく変わってくる面があり一概にはいえません。例としては、静止画や写真などの素材を使用したものであればリーズナブルな価格で済む場合が多いです。しかし、撮影された映像である場合には費用が大きく膨らむ場合もあります。映像に残す時間が長くなるほどに価格がかかる傾向があります。

費用の目安については、映像制作によって基準が異なる面もあります。ただ、映像制作と音楽制作を合わせた代金が請求されることが多いです。ただ、5分程度の場合の製作費の目安は20万円前後から35万円前後となっているところが比較的多めです。

映像制作の内訳については機材費用・人件費・スタジオ代・セット代金・食事代などとなっています。
ロケ地での撮影などの場合には現地での滞在費や交通費なども必要です。映画の場合は、長期間の撮影時間を要することも多いため非常に高額な代金がかかります。

ただ、重要なこととしてはお金をかけた映像が必ずしも出来の良い映像とは言えない面もあります。打ち合わせや台本制作を色々と行ってクライアントが満足の行く結果が残して初めて撮影段階に入っていきます。納品についても作品によります。ただ、企業PRなどの場合は2ヶ月くらいを考えておくようにすると良いでしょう。簡単な映像の場合は、翌日には納品される場合もあります。このあたりも打ち合わせなどを重ねることで決まってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です